65-1996-22 【代引不可】 ESスペーサー ES-20-6 両面ナットタイプ 103円 65-1996-22 ESスペーサー 両面ナットタイプ ES-20-6 工具・作業用品 生産加工用品 電気・電子部品 基板用品 ESスペーサー ESシリーズ カテゴリ一覧 新着商品 その他メーカーはこちら ESスペーサー ESシリーズ 103円,redmepenaccion.org,工具・作業用品 , 生産加工用品 , 電気・電子部品 , 基板用品 , ESスペーサー ESシリーズ , カテゴリ一覧 , 新着商品 , その他メーカーはこちら , ESスペーサー ESシリーズ,両面ナットタイプ ES-20-6,/Castalian925375.html,65-1996-22 ESスペーサー 65-1996-22 【代引不可】 ESスペーサー ES-20-6 両面ナットタイプ 103円 65-1996-22 ESスペーサー 両面ナットタイプ ES-20-6 工具・作業用品 生産加工用品 電気・電子部品 基板用品 ESスペーサー ESシリーズ カテゴリ一覧 新着商品 その他メーカーはこちら ESスペーサー ESシリーズ 103円,redmepenaccion.org,工具・作業用品 , 生産加工用品 , 電気・電子部品 , 基板用品 , ESスペーサー ESシリーズ , カテゴリ一覧 , 新着商品 , その他メーカーはこちら , ESスペーサー ESシリーズ,両面ナットタイプ ES-20-6,/Castalian925375.html,65-1996-22 ESスペーサー

65-1996-22 代引不可 ESスペーサー 今ならほぼ即納! ES-20-6 両面ナットタイプ

65-1996-22 ESスペーサー 両面ナットタイプ ES-20-6

103円

65-1996-22 ESスペーサー 両面ナットタイプ ES-20-6

特徴

  • 従来品と比較して強度、耐久性アップしています。
  • 絶縁性に優れています。
  • 難燃グレードUL-94-V0規格
  • 配電盤、分電盤、制御盤等の機器取付絶縁台として。
  • ブスバー接続や絶縁支持用。

仕様

  • ねじ径:M6
  • 外径(mm):20
  • 高さ(mm):20
  • 呼び径:M6
  • 有効深さ(mm):5.5
  • 低圧用絶縁支持物
  • 難燃グレードUL-94-V0規格
  • 材質/仕上:PP(ポリプロピレン)、インサートナット、ボルト/鉄(三価クロメートメッキ仕上げ)
  • 質量:10.3g
  • 原産国:日本
  • コード番号:250-4837


65-1996-22 ESスペーサー 両面ナットタイプ ES-20-6

新しい技術

  • 赤肉:関連するリスクに関与する細菌

    赤肉はますます非難されており、健康に有害であろう。 新しい研究によると、腸内細菌もこのような犯行に対して何らかの責任を負っています。 肉はタンパク質、鉄、ビタミンが豊富な食品です。 赤肉には牛肉、馬、羊が含まれます。 その過度の消費は健康に良いものではありません。 ©Wallyg、Flickr、cc by nc 2.0 赤身の肉を食べ過ぎるとあなたの健康に悪いことが知られています。 牛、馬、または羊の誇張された消費は、特定の病気の危険因子となるでしょう。 いくつかの医学研究は、赤身肉の過剰は、デンマーク人、糖尿病患者および心血管疾患を発症するリスクを増加させることを示している。 なぜいいステーキが悪いのだろう? オハイオ州 クリーブランドクリニックの チームがいくつか答えを出しています。 Nature Medicine に掲載された研究では、赤身だけが唯一の原因ではなく、腸内細菌も原因であることを示しています。 昨年、すでに同

    続きを読みます »
  • 赤肉:関連するリスクに関与する細菌

    赤肉はますます非難されており、健康に有害であろう。 新しい研究によると、腸内細菌もこのような犯行に対して何らかの責任を負っています。 肉はタンパク質、鉄、ビタミンが豊富な食品です。 赤肉には牛肉、馬、羊が含まれます。 その過度の消費は健康に良いものではありません。 ©Wallyg、Flickr、cc by nc 2.0 赤身の肉を食べ過ぎるとあなたの健康に悪いことが知られています。 牛、馬、または羊の誇張された消費は、特定の病気の危険因子となるでしょう。 いくつかの医学研究は、赤身肉の過剰は、デンマーク人、糖尿病患者および心血管疾患を発症するリスクを増加させることを示している。 なぜいいステーキが悪いのだろう? オハイオ州 クリーブランドクリニックの チームがいくつか答えを出しています。 Nature Medicine に掲載された研究では、赤身だけが唯一の原因ではなく、腸内細菌も原因であることを示しています。 昨年、すでに同

    続きを読みます »